【老後】21歳600万円の貯蓄は多い?少ない?平均と老後資金について

ライフプラン

自分の貯金が他の人と比べて多いのか少ないのか、気になったことはありませんか?また、老後の資金について心配になることはありませんか?21歳の時期に、自分の財政状況について真剣に考えることが増えるかもしれません。そこで今回、私たちは「21歳での貯金600万円は十分か、それとも不十分か?」という問題について考察します。

21歳での貯金600万円は少ないのか?平均はどれくらい?

21歳の時点での平均貯金額を確認してみましょう。ただし、これは「平均」なので、貯金額は生活スタイル、給料、負債の有無、地域、目標といった多種多様な要素によって決まることを忘れてはいけません。

21歳で単身(独身)である場合

金融広報中央委員会の調査により、20代の単身者(独身)の平均貯蓄額は176万円と報告されています。これを基準にすると、貯金600万円は424万円の差があり、これは平均値より多いと評価できます。

中央値との比較

だが、平均値は極端に貯蓄が多い一部の人々に引き上げられ、偏りが生じます。現実的な視点からは中央値が20万円となっています。この数値を基にすると、貯金600万円は580万円の差となり、平均値より多いと判断できます。

年齢歳2人以上の世帯の場合

同じく金融広報中央委員会の調査によれば、20代2人以上世帯の貯金平均値は214万円とされています。この数字を基準に考えると、貯金600万円との差額は386万円となり、中央値より多いと言えます。

中央値と比べると

しかし、平均値は一部の極端に貯蓄が多い個人に影響を受けて多い方に偏ってしまいます。より実態がつかみやすい中央値は44万とされています。この数字を基準に考えると、貯金600万円との差額は556万円となり、中央値より多いと言えます。

年代別の平均貯金額

それではさらに広い視野で、日本の年代別平均貯金額を見てみましょう。

世帯独身世帯二人以上世帯
平均値中央値平均値中央値
全国871万円100万円1,291万円400万円
20歳代176万円20万円214万円44万円
30歳代494万円75万円526万円200万円
40歳代657万円53万円825万円250万円
50歳代1,048万円53万円1,253万円350万円
60歳代1,388万円300万円1,819万円700万円
70歳代1,433万円485万円1,905万円800万円

引用:金融資産保有額(金融資産を保有していない世帯を含む)(単身世帯調査)|各種分類別データ(令和4年)

引用:金融資産保有額(金融資産を保有していない世帯を含む)(二人以上世帯調査)|各種分類別データ(令和4年)

老後の資金として準備すべき貯金額

以前、「老後には2,000万円が必要」という問題が注目されました。老後の資金準備について不安を感じる方は多いかと思います。60歳以降に必要とされる資金は様々な要素によって変動しますが、単身者であれば1,000万円、夫婦であれば2,000万円が目安と考えられます。

21歳で600万円を蓄えた老後の資金計画

21歳で600万円を保有している場合、60歳までに必要な貯蓄額を見積もってみましょう。

21歳で独身の場合

独身であれば、60歳までに約1,000万円の老後資金を目安とします。これに基づき、不足分は400万円となります。均等に貯蓄することを想定した場合、60歳までの39年間で年に10.3万円、月に0.9万円を蓄えることが目標となります。

21歳で2人世帯の場合

2人世帯であれば、60歳までに2,000万円の老後資金を目安とします。これに基づくと、不足額は1400万円となります。均等に貯蓄することを想定した場合、60歳までの39年間で年に35.9万円、月に3万円を蓄えることが目標となります。

21歳、貯金600万円の老後資金についての考え方

ここで挙げた数字は最適な状況を示すもので、将来の収入や支出、インフレなどを勘案すれば、更に貯蓄を増やしたり、60歳を越えても就労し、収入を得る必要があるかもしれません。

貯金を増やす一方で、単に節約して積み立てるだけでなく、投資を通じて資産を増やすことも視野に入れると良いでしょう。ただし、投資にはリスクが伴うので、慎重に進める必要があります。

以上が21歳で貯金600万円のあなたが老後までにどれだけの貯金が望ましいかについての解説です。皆様の資産構築の一助になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました